FTNL contents II (No.31-)/フィッション・トラックニュースレター目次 II (第31号〜)  I (No.1-30)/目次 I (第1号〜第30号)

Publications with permission from authors are open for No.1 (1988)–No.16 (2003). All publications are open for No.17 and thereafter.
No1 (1988)No16 (2003)については著者の承諾を得たもののみ公開しています.No17 (2004)以降は全内容を公開しています.

Classification/種別 Page/ページ Title/タイトル Authors/著者
FTNL No.31/フィッション・トラックニュースレター第31号(2018)
研究ノート 1-8 U-Pb年代測定と元素分析のスタンダードとしてのBishop Tuffについて 伊藤久敏
9-12 茂住祐延断層のジルコンFT熱年代解析:熱史モデルによる再検討 末岡 茂・郁芳随徹・長谷部徳子・田上高広
13-16 アパタイトFT法に基づいた東北日本弧における隆起・削剥史の推定:島弧山地形成過程の解明を目指して

福田将眞・末岡 茂・長谷部徳子・田村明弘・荒井章司・田上高広

  17-19 U-Pb法を用いた東南極北東部の年代測定

西野紗也子・長谷部徳子・田村明弘・石川尚人

  20-22 原子間力顕微鏡を用いたジルコンのαリコイルトラック年代測定

早坂怜・長谷部徳子・松木篤・福間剛士・田村明弘

  23-25 フィリピンパラワン島における炭酸塩の熱ルミネッセンス年代測定

河原弘樹・長谷部徳子・小形学・福士圭介・田村明弘・藤井直樹・山川稔

  26-29 Thermo 2018 @ Quedlinburgの参加報告

福田将眞・末岡 茂・田上高広

研究会記事 30-34 第42回フィッション・トラック研究会実施報告 末岡 茂
FTNL No.32/フィッション・トラックニュースレター第32号(2019) 
  1-3 人類史上最大の噴火とされるトバカルデラ噴出物のU-Pb年代測定 伊藤久敏
  4-5 ジルコンFT熱年代計の現状と展望 田上高広
  6-7 東北日本弧前弧域における熱年代学的研究:アパタイトFT年代予報 梶田侑弥・福田将眞・末岡 茂・長谷部徳子・田村明弘・森下知晃・田上高広
  8-11 低温領域の熱年代学的手法に基づく南部フォッサマグナ地域の山地の隆起・削剥史解明 小林侑生・末岡 茂・福田将眞・長谷部徳子・田村明弘・森下知晃・田上高広
  12-16 高空間解像度の熱年代マッピングによる奥羽脊梁山地の隆起形態の推定:アパタイトフィッション・トラック法による展開 福田将眞・末岡 茂・長谷部徳子・田村明弘・森下知晃・田上高広
  17-19 北陸層群における火山性堆積物のフィッショントラック年代及びU-Pb年代測定 上口 椋・長谷部徳子
 研究会記事 20-22 第43回フィッション・トラック研究会実施報告 末岡 茂
FTNL No.33/フィッション・トラックニュースレター第33号(2020) 
研究ノート 1-10 研究黒鉛炉を用いた鉱物試料の短時間加熱試験 村上雅紀・田上高広
  11-14 一粒のジルコンのU-Pb年代からマグマ活動履歴を評価可能か?(その2) 伊藤久敏・足立佳子
  15-18 原子力機構におけるFTおよび(U-Th)/He分析施設の現状と展望 末岡 茂・島田耕史・菅野瑞穂・横山立憲
  19-21 FT自動計測装置を用いたアパタイトFT密度測定作業時間と結果 島田耕史・末岡 茂
  22-24 野外調査に基づく断層運動の影響に関する研究事例の紹介 丹羽正和
  25-27 伊豆弧の衝突と南部フォッサマグナ地域の山地形成:低温領域の熱年代学による知見 小林侑生・末岡 茂・福田将眞・長谷部徳子・田村明弘・森下知晃・田上高広
  28-30 熱年代学を用いた北上山地の隆起・削剥史の推定 梶田侑弥・福田将眞・末岡 茂・長谷部徳子・田村明弘・森下知晃・Barry P. Kohn・田上高広
  31-35 熱年代学的手法による、ネパールヒマラヤに分布する高度変成岩ナップの冷却プロセスの解明 中嶋 徹・岩野英樹・檀原 徹・酒井治孝
  36-39 ジルコンの薄片エッチングをめざした取り組み 小山博晃・長谷部徳子
研究会記事 40-44 第44回フィッション・トラック研究会実施報告 伊藤久敏

Back to Top Page/トップページに戻る